「得る」より「捨てる」が先

今日の言葉日常生活, 気になる, 言葉

今日の言葉
日常の生活で見つけた言葉、本や雑誌等で見つけた気になる言葉を紹介します。

 

「得る」より「捨てる」が先

 

古い知識や経験へのこだわり、心配や恐れ等の雑念が、出足や決心を鈍らせる。未練や執着はさっぱりと捨て、新しい今日を築こう。

「倫理法人会発行 今日の道しるべ より」

 

昔からの知識や経験にとらわれすぎて全く前に進めないってことはよくありますよね。

 

知識が邪魔をして、昔はこうだったとか、このやり方でやっていたから大丈夫だとか...

 

よく思うのが、「自分はこうだった」とか、「私の若いころはこうやってた」とかいう年配の方(年配でない30代、40代のかたでもいますけど)で過去の自慢をされる方。

 

今、同じ立場にいますよねって言いたくなります。昔は昔なんですよね。過去にどんなにすごかったのか知りませんが、今、どうなのかってことではないでしょうか。

 

今から未来に向かってのことを考えないと...

 

ちょっと話がそれましたが、だた、今日の言葉のように「古い知識や経験へのこだわり」をさっぱりと捨てと書かれていますが、すべてがすべてそうではないと私は思います。

 

確かに、未練や執着は出足や決心を鈍らせると思います。でも、昔の伝統的な知識や経験はちょっと考え方を変えれば思わぬアイデアが出ることもあると思います。

 

ブログで稼ぐ場合、過去に稼げなかったら、メンターの言われることを実行するため、過去の自分の経験は捨てるように言われます。それはそれだと思います。

 

すべてに対して、古い知識や経験へのこだわりが出足や決心を鈍らせるとも私は思えません。

 

実行すべき事柄ごとに「捨てる」べきところはすて、新しい「得る」を築いていけばいいのではないでしょうか。

 

あくまで、私個人の考えなので、皆さんも自分自身でどう考え、どう理解し、どうとるか、考えてみてください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックいただけると嬉しいです。

日々の出来事ランキング